石崎プレス工業株式会社石崎プレス工業株式会社

絞り加工を軸とする精密金属プレス加工技術で、最先端産業に貢献する

会社案内

沿 革

1931年
(昭和6年)
創業者 石崎秀之助がスナップボタンの国産化を企画し、ドイツよりスナップ自動製造機を輸入、
国内初の生産を開始。
1933年
石崎プレス工業株式会社の前身、株式会社石崎商店を設立。
1934年
商号を石崎プレス釦工業株式会社へ改名。
1961年
トランジスター・ヘッダー、キャップなどの精密電子機器部品を生産開始。
同じくクロスシー印つつみ釦の生産をスタート。
1968年
商号を石崎プレス工業株式会社に改名
1970年
TVブラウン管用スタッドピンの生産を開始
1972年
シンガポールに工場進出 。「SINGAPORE ISHIZAKI INDUSTRIES」を創業。
1973年
酸化銀電池陰極キャップの生産開始。
1979年
石崎 守男 代表取締役 就任。
1982年
コイン型リチウム電池陰極缶及びアルカリ電池単3型、深絞り缶の生産を開始。
1983年
「電池電槽かんの蓋」で、米国特許取得。
1989年
「電池電槽かんの蓋の製造方法」で、日本国特許取得。
1996年
円筒型リチウム・イオン電池用の深絞り缶の生産を開始。
1998年
ISO9002を取得。
1999年
「ボタン形アルカリ電池およびその製造方法」で、日本国特許取得。
((株)エスアイアイ・マイクロパーツ様との共同出願)ドイツ・米国で、2000年に同特許取得。
2001年
本社第一工場に隣接する第二工場を開設。ISO9002からISO9001に移行。
2002年
ISO14001を取得。
2003年
代表取締役会長 石崎 守男、代表取締役社長 石崎 隆造が就任。
2004年
阪神モノづくりリーディングカンパニーに認証される。
当社の北東角に第三工場を開設。
「有機電解液二次電池及び有機電解液二次電池の負極缶の製造方法」で、日本国特許取得。
2005年
ネプコン ワールド「国際電子部品商談展」に初出展。
「プレス加工を用いた電池用負極缶の製造方法」で、日本国特許取得。
韓国で、2006年に同特許取得。
2006年
当社とプレスメーカー共同で、独自仕様の高速深絞りトランスファープレス機を開発、製作。
2007年
7月「北伊丹工場」竣工。
2008年
8期連続(40年)優良申告法人の表彰を受ける。
2010年
8月本社工場にてISO/TSI6949認証取得。
2011年
12月韓国倭舘(ウェグワン)に円筒缶の製造を主力としたイシザキコリア株式会社を設立。
2013年
ISHIZAKI (THAILAND) CO.,LTD. でプレス事業開始。
2016年
イシザキコリア、倭舘国家産業団地から亀尾(グミ)産業団地へ移転。
2020年
高速温間絞り工法の開発に対し、日本塑性加工学会より「日本塑性加工学会賞 技術開発賞(中小企業)」を受賞

賞状・賞牌はこちら